9月1日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール - パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月1日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール

今日も来週導入予定のパチンコ・パチスロ新機種をまとめてみました。

来週はどんな機種がリリースされるのでしょうかね?

それではいってみましょう!

↓ぽちっと一発お願いします↓
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

・パチンコ(機種名をクリックするとパチたまのスペックページに飛びます)
※が付いた機種は準備中です

CRモモキュンソード~星と黄金の太刀~ Z(マックス)
CRモモキュンソード~星と黄金の太刀~ M(ライトミドル)
CRA緋弾のアリアFPW
CRサムライチャンプルー3 ST7
CR忍者ハットリくん~科学忍法VS忍の術~BO


・パチスロ(パチたまでは今のところスロットは扱ってないので機種名をクリックしても何も起こりません)

パチスロ「戦国BASARA3」


というわけで来週はパチンコ5機種+パチスロ1機種の計6機種がリリース予定です。
それではいつものように機種の紹介をしていってみましょう。

CRモモキュンソード~星と黄金の太刀~ Z(マックス)
CRモモキュンソード~星と黄金の太刀~ M(ライトミドル)
2009年にリリースされて以来ライトノベル化&人気声優による朗読、アニメ化など
様々なメディアに進出した「CRモモキュンソード」の続編です。
因みに現在TVアニメが放送中です。

スペックは確変確率100%のSTタイプなんですが、
最近では逆に珍しいV-STではないスタンダードなST機になっています。

出玉の設定は控えめながら、
マックスバージョンの「~ Z(マックス)」は継続率約80%、
ライトミドルバージョンの「~ M(ライトミドル)」は継続率約76%と
どちらもST継続率が高めに設定されているのが特徴ですね。

CRA緋弾のアリアFPW
赤松中学氏によるライトノベル作品が原作のパチンコ機の追加スペックですね。

既にリリースされているミドルバージョン、ライトミドルバージョンと同じくV-ST機になっています。
この甘デジバージョンも大当りには全て出玉&電サポが付くので
比較的遊びやすいスペックになっています。

シミュレーション値はまだパチたまでは準備中なんですが、
通常大当り以外の大当たり終了後は全て90回転の電サポが付くので
恐らく電サポ滞在率は高くなると思われます。

そのため、電サポ中の出玉増減が収支に大きく影響しますので
この機種を打つ際は右側の調整に要注意です。
電チュー賞球が2個な上にV-ST機種なのでホール側もあまり酷い調整はしないと思いたいですが、
最近は結構ムチャクチャな調整してくるところもありますからね…
念のため打つ前にしっかりチェックしておきましょう。

CRサムライチャンプルー3 ST7
カセット役物でお馴染みの「CRサムライチャンプルー」シリーズの3作目。
今回はその追加スペックですね。

以前リリースされた甘デジバージョンと同じく
確変確率75%のSTタイプなんですが、
本機はヘソ入賞時の賞球が7個になっているのが特徴です。

ヘソ賞球が3個の機種に比べて回りやすい機種なので
大当たり確率や大当り振り分けなどがそれを考慮した数値に設定されています。
そのためボーダー回転数は非常に辛い数値になっています。

この機種を打つ上での注意点ですが
この手のよく回る系の機種(デジテン各種、まわるんぱちんこetc)は
ゲーム性を無視して他の機種と同じような回転数になるように調整されることが多いです。

元々よく回る事が前提で設計されている機種なので
一般的な機種と同じ程度の回転率で打つとなると
期待値的にはかなりのマイナス数値になります。

ですのでこの機種を打つ際は
「ヘソ賞球が7個だから他の機種より回って当然」という意識を持つようにしましょう。

CR忍者ハットリくん~科学忍法VS忍の術~BO
藤子不二雄A氏の人気漫画「忍者ハットリくん」が原作のパチンコ機。
その3作目の追加スペックですね。

大当たり確率は約1/130と甘デジとしては少し重めですが
確変継続率は80%と甘デジとしては高めに設定されているのが特徴です。

また、甘デジにしては確変中の大当たり確率が約1/36とかなり重めです。
確変継続率80%という高い継続率と相まって電サポ率はかなり高い機種ですので
電サポ中の出玉増減が収支に大きく影響します。
この機種を打つ際は右側の調整に注意しましょう。


今週は以上です。
これらの機種を打つ際の参考になれば幸いです。

噂話おじさんみやじまの未確認情報アワー


以前にも紹介した「T.M.Revolution」のパチンコ化ですが
先日公式にリリースが発表されましたね。

既に特設サイトもオープンしています。
CRT.M.Revolution 機種情報ページ

この公式サイトの「特徴」というところを見てみると
「4000TURBO」が「約50%LOOP」みたいなことを書いています。

一見するとなんのこっちゃ?といった感じですが
噂によるとこれはこの機種のスペックを表していて、
「約4000発大当り」が「約50%でループ」するということを意味しているのだとか。
4000発大当りが50%ループ…かなり凶悪なスペックですね。

「あれ?でもパチンコの出玉って16R×10C×賞球15個の2400発が最高じゃないの?」
と思われた方もいると思いますが、
この4000発大当りというのは正確には2000発大当り2回で構成されていて、
2000発大当り×2の1セットが約50%でループするという意味だということです。
よく見ると公式サイトにも「約2000×2」と小さく記載されていますね。

過去にサンセイR&Dさんの「CR BE-BOP~壇蜜与太郎仙歌~」が
4000発大当りがループする、というゲーム性でしたが
あれは確変確率100%&リミット40回の変則スペックで、
100発以上獲得可能な小さい大当りが40回まで連チャンするため
4000発を獲得可能、というスペックでした。

ただ、この機種は1種2種混合タイプではなく、
確変中約1/20の大当りを40連チャンさせる必要があったので
出玉スピードという点ではイマイチでした。

しかしこの「T.M.Revolution」は
15R大当りがすぐに2連チャンするというゲーム性のため出玉スピードが早く、
噂によると1セット約6分で消化可能とのことです。

以前「T.M.Revolutionファンなので今回のパチンコ化は個人的に楽しみ!」なんてことを書きましたが
まさかスペック面でもみやじま好みの変態スペックになるとは思いませんでした!
今から導入が非常に楽しみです。

詳細な仕組みについては判明し次第お知らせしますので、
もうしばらくお待ちくださいね。


因みに今回の公式発表で一番笑ったのが西川さんのツイートでした。


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。