10月20日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール - パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月20日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール

今日も来週導入予定のパチンコ・パチスロ新機種をまとめてみました。

来週はどんな機種がリリースされるのでしょうかね?

それではいってみましょう!

↓ぽちっと一発お願いします↓
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

・パチンコ(機種名をクリックするとパチたまのスペックページに飛びます)
※が付いた機種は準備中です

CRモンキーターン 誰よりも速く!Z(マックス)
CRマジカルハンター 319type
CRマジカルハンター 249type
CRドキッ!丸ごと水着 女だらけの水泳大会 アイドルだらけで困っちゃうング!!! 99.9ver.
CRぱちんこマジカルハロウィン すうぃーと・はろうぃんver.
CRA壇蜜先生 with BE-BOP
CRゼブラーマン ゼブラシティの逆襲V1
※CR新アレジンFPW
※CRおしおきピラミッ伝with丸高愛美in沖縄 TAA2
※CR丹下左膳NR2-K


・パチスロ(パチたまでは今のところスロットは扱ってないので機種名をクリックしても何も起こりません)

パチスロ「バーストエンジェル」
パチスロ「スーパービンゴネオ」

というわけで来週はパチンコ10機種+パチスロ2機種の計12機種がリリース予定です。
それではいつものように機種の紹介をしていってみましょう。


CRモンキーターン 誰よりも速く!Z(マックス)
競艇をテーマにした河合克敏氏による漫画作品
「モンキーターン」を原作としたパチンコ機です。
以前aaaさんからリリースされたことがありますが今回は西陣さんからのリリースです。

スペックはマックスタイプのバトルスペックで、
大当たりの賞球が13個と少な目な代わりに確変確率が82%と高めに設定されています。

大当たり賞球が13個と言っても、
この機種にはサミーさんの「ゼロアタッカー」のような
2つのアタッカーがラウンド毎に交互に開放することで
ラウンド間のインターバルを極端に短くして無駄玉が発生しないようにするという
高性能なアタッカーが搭載されているので出玉自体は設定されています。

この機種を打つ上での注意点ですが、
初回大当たりが電サポなし4R大当たりだった場合、
確変と通常のどちらの可能性も存在します。
最近は潜伏確変の判別が簡単に可能な機種が増えてきていますが
今の段階では判別方法は不明です。

詳細な判別方法が判明するまでは電サポなし4R大当たり終了後は
少し様子を見たほうがいいかもしれませんね。
因みに電サポ終了後は潜伏確変の可能性はありませんので
電サポが終了したら即ヤメしても問題ありません。

CRマジカルハンター 319type
CRマジカルハンター 249type
奥村さんの人気シリーズ「黄金ハンター」シリーズの最新作です。
タイトルに「マジカル」と付いている通り今作は何故か突然魔法少女モノになりました。
萌え台ブームに乗っかりたかったんでしょうけど
別に黄金ハンターシリーズを路線変更しないでも完全新作ってことで良かったような…

スペックは今回紹介する2スペック+既にリリースが決定している
甘デジ版を加えて計3スペックが存在するんですが、
そのすべてがST突入率と継続率が異なるV-STタイプになっています。

基本的にはどのスペックもスタンダードなV-STタイプなんですが、
メインで使用するアタッカーとVアタッカーのカウント数がまるっきり違いますので
1ラウンド辺りの出玉を計測しようとするときや
トータル確率を使っていろいろと計算するときなどは要注意です。

CRドキッ!丸ごと水着 女だらけの水泳大会 アイドルだらけで困っちゃうング!!! 99.9ver.
フジテレビの人気番組「ドキッ!丸ごと水着 女だらけの水泳大会」とのタイアップ機種の追加スペックです。
甘デジスペックのこの機種はバトルスペックだったミドルバージョンとは違って、
初回大当たり後の電サポ中に大当たりを引くことができれば
全ての大当たり終了後に電サポ88回or1088回の電サポが付くという
平和様の甘デジ機種お馴染みのループタイプになっています。

本機はその手の機種によく使われるSTタイプではなく、
確変ループタイプでこのスペックを再現しているんですが
ゲームフロー自体はほぼ変わらないので違和感なく遊べるはず。

この機種の特徴ですが、
先にリリースされたミドルバージョンと同じく、
アタッカーが長めに開放する小当り、「HIP」を搭載しているところで、
その出現率は約1/15.5、およそ28発程度の出玉を獲得可能となっています。

CRぱちんこマジカルハロウィン すうぃーと・はろうぃんver.
人気パチスロシリーズ「マジカルハロウィン」のパチンコ版の追加スペックです。
スペックはスタンダードな確変機で、
小当りや潜伏確変が存在しないわかりやすいスペックになっています。

CRA壇蜜先生 with BE-BOP
きうちかずひろ氏による漫画作品「ビー・バップ・ハイスクール」が原作のパチンコ機の追加スペックです。

本機は既にリリースされている
「CR BE-BOP~壇蜜与太郎仙歌~」の追加スペック版にあたるんですが、
特殊なスペックだった「CR BE-BOP~」とは違って、
この機種はオーソドックスなSTタイプになっています。

あと、タイトルの通りタレントの壇蜜さんが登場する演出が増えているようですよ。

CRゼブラーマン ゼブラシティの逆襲V1
哀川翔主演の映画作品「ゼブラーマン」の2作目
「ゼブラシティの逆襲」を原作としたパチンコ機の追加スペックです。
因みに以前のバージョンがリリースされてから2年が経ちますが
新作ではなくあくまで追加スペックみたいですね。

今作は今流行のV-STタイプにスペックが変更されています。
メインアタッカーとVアタッカーの出玉数が違うので
1ラウンド辺りの出玉を計測しようとするときや
トータル確率を使っていろいろと計算するときなどは注意!

CR新アレジンFPW
1990年代に「アレパチ」というジャンルで大ヒットした
藤商事さんの名機「アレジン」のリメイク機の追加スペックです。

電サポに突入する大当たりの振り分けが確変と通常を合計しても20%しかないという
シンプルそうな盤面ながらかなり尖ったスペックになっています。

この機種は大当たり終了後に最高70回転までしか電サポが付かないんですが、
この機種はSTタイプではなく確変タイプです。
ですので電サポ終了後にも確変の可能性があるんですが
確変大当たりと通常大当たりにはラウンド数も電サポ数も違いがありませんので
潜伏しているかどうかを完璧に判別しようと思うと恐らくセグチェックが必要になります。

十分な判別方法が判明するまでは電サポや大当たり終了後は即ヤメせずに
しばらく様子を見たほうがいいかもしれませんね。

※CRおしおきピラミッ伝with丸高愛美in沖縄 TAA2
高尾さんの人気シリーズ「ピラミッ伝」シリーズの最新作の追加スペックです。

基本的な遊技の流れは前バージョンと同じく
初回大当たり後の電サポ中に大当たりを引いて
連チャンモード「クレオパトRUSH」に突入させる、という流れです。

ただし、基本的な流れは同じですが主に以下の点が変更されています。

・初回大当たり確率が前バージョンよりも軽く(1/168→1/99.8)
・通常時での大当たり後は必ず電サポが付くように変更
・クレオパトRUSHへの直撃大当たりの振り分けが大幅アップ(0.4%→24.8%)
・大当たりラウンドのリミットがカウント5から10に変更
 ラウンド数と賞球数は前バージョンと変わらないため単純に出玉数がアップ
・電チュー入賞時の賞球が3個から2個に変更
・確変転落率が大幅に上昇(1/888→1/24.9)

クレオパトRUSH突入時の連チャン期待度が大幅に下がった代わりに
クレオパトRUSH突入率や大当たり出玉がアップするなど
前バージョンよりも気軽に遊べるような調整がされている感じですね。

CR丹下左膳NR2-K
林不忘氏による小説「丹下左膳」が原作のパチンコ機の追加スペックです。
基本的なゲーム性は既にリリースされている「~S2 R-K」と同じで、
この機種のスペックはアタックラウンドシステムを利用したSTなんですが、
STへの直撃大当りの振り分けはなんと1%しかなく、
メインのST突入ルートは通常大当り終了後の時短中での引き戻しとなっています。

初回大当たり確率が軽くなったおかげで
「~S2 R-K」よりは時短中に引き戻しやすく=ST突入しやすくなっていますが、
その分ST突入時の爆発力は若干大人しめに調整されています。

とは言え継続率約86%+全大当りに出玉ありという性能ですので
甘デジにしては非常に爆発力があるスペックになっています。

全大当たりに最低70回の電サポが付く上に連チャン性能が高いため
電サポ滞在率が非常に高いスペックになっています。
電サポ滞在率が高いということは電サポ中の増減が収支に影響しやすいということですので
台を選択する際はくれぐれも右側の調整に注意しましょう。


今回は以上です。
これらの機種を打つ機会があればぜひ参考にしてみてくださいね。

噂話おじさんみやじまの未確認情報アワー


人気時代劇を原作とした藤商事さんのパチンコシリーズ
「CR暴れん坊将軍」の最新作がリリースを予定しているという噂が入ってきました!
前作「~不死身の闇烏」がリリースされたのが2011年ですので結構間が空きましたねぇ。

まだスペックや導入日に関する情報は不明なんですが、
噂によると今作のタイトルは「CR暴れん坊将軍 怪談」というのだとか。
…怪談?

確かに、「CRリング」シリーズや「CR呪怨」など
藤商事さんといえばホラー系が得意というイメージはありますが
暴れん坊将軍とホラーを混ぜるという発想はなかったですね(笑)

噂は本当なのか、もし本当ならどのような機種になっているのかとても気になりますねぇ。
続報が入り次第ここかパチたまでお知らせしますのでお楽しみに!


そういえば藤商事さんの新機種といえば、
今月放送を開始した実写ドラマ版が当時のファンを絶望させている漫画作品
「地獄先生ぬ~べ~」も近々藤商事さんからパチンコ化されるという噂がありますが
今回紹介した暴れん坊将軍の新作とどちらが先にリリースされるんでしょうね?

今後の藤商事さんのリリーススケジュールについても気になるところです。
「CR地獄先生ぬ~べ~」についても続報が入り次第お知らせしますのでお楽しみに!

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。