12月8日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール - パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月8日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール

今日も来週導入予定のパチンコ・パチスロ新機種をまとめてみました。

来週はどんな機種がリリースされるのでしょうかね?

それではいってみましょう!

↓ぽちっと一発お願いします↓
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

・パチンコ(機種名をクリックするとパチたまのスペックページに飛びます)
※が付いた機種は準備中です

ぱちんこCR北斗の拳6 宿命
CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km 299ver.
CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km 199ver.
CRヱヴァンゲリヲン9
CRAフィーバーモーレツ宇宙海賊YR


・パチスロ(パチたまでは今のところスロットは扱ってないので機種名をクリックしても何も起こりません)

パチスロ「機動新撰組 萌えよ剣~今宵、花散る~」
パチスロ「Dororonえん魔くん メ~ラめら」


というわけで来週はパチンコ5機種+パチスロ2機種の計7機種がリリース予定です。
それではいつものように機種の紹介をしていってみましょう。

ぱちんこCR北斗の拳6 宿命
先月リリースされたばかりの新機種「ぱちんこCR北斗の拳6 拳王」の追加スペックです。

公式サイト見た感じ「拳王=ラオウバージョン」に対を成す
「ケンシロウバージョン」というようなイメージの機種になっていますね。

因みに、ここ何作かは「ケンシロウバージョン=百裂」というイメージでしたが、
現在の北斗シリーズの原型になった3作目ではケンシロウバージョンというと
継続率重視のマックスタイプのバトルスペック機でした。

今作「ぱちんこCR北斗の拳6 宿命」もその時のケンシロウバージョンのように、
ぱちんこCR北斗の拳6 拳王」よりも大当たり出玉が少ない代わりに
確変継続率が高めに設定されたマックスタイプのバトルスペック機となっています。

16R大当たりを引いても約1600発弱しか獲得できませんが
確変継続率は84%と非常に高く設定されていますので
爆発力自体は「ぱちんこCR北斗の拳6 拳王」にも引けをとりません。

確変中の大当たり確率がほぼ同じ数値にも関わらず、
連チャン性能が「ぱちんこCR北斗の拳6 拳王」よりも高いので
その分電サポ滞在率が高くなっています。

電サポ滞在率が高いということは電サポ中の出玉増減が収支に影響を与えやすい、
ということですので、右側の調整にはよく注意するようにしましょう。

CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km 299ver.
CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km 199ver.
平和様の人気パチンコシリーズ「黄門ちゃま」の5作目です。
前作「~寿」では確変確率100%の4回リミットタイプという斬新かつ爆発力が高いスペックでしたが、
今作「~超寿」ではV-ST機となっています。

本機最大の特徴は盤面右側にある新機能「ゴチ装置」。
これはアタッカーに向かう玉の一部を別のルートに分岐させて、
払い出し4個のフロック入賞口に入賞させるというもの。

これによって本来の大当たり出玉にフロック入賞による出玉が加わるので
現在の規定の最大出玉16R×10C×賞球15個を超える出玉を実現したという
かなり凶悪なシステムです。
ちなみに、サブタイトルに付いている「2700」という意味深な数字は
アタッカーの払い出しとフロックの払い出しを合わせた数値から来ているみたいですね。

このゴチ装置ですが、
右打ちした玉の4個に1個が必ずフロック入賞口のルートに振り分けられます。
そしてフロック入賞口の賞球は4個。
ということは右打ちしっぱなしでも玉が減らないということです。
これも画期的ですよね。
ですので電サポ中は常に打ちっぱなしでOKです。

このようにこの機種は右側で削りようがない仕様になっていますので、
右側の調整は特に気にしなくてOKです!
その分回転率にはよく注意しましょう。

CRヱヴァンゲリヲン9
今年でパチンコ化10周年となる「エヴァンゲリオン」シリーズの9作目です。
今作はシリーズ初のマックスSTタイプで
確変突入率100%、潜伏確変は非搭載になっています。

全ての大当たりに電サポが100回付いているため、
電サポ滞在率は少し高めになっています。
さらにこの機種は電サポ中の変動があまり速くないため
時間に換算するとさらに電サポ滞在率は上昇します。

ということは電サポ中の出玉増減が収支に大きく影響するということですので、
右側の調整には十分に気を付けましょう。

CRAフィーバーモーレツ宇宙海賊YR
笹本祐一氏によるライトノベル作品「ミニスカ宇宙海賊」が原作のアニメ作品、
「モーレツ宇宙海賊」が原作のパチンコ機の追加スペックです。
クルーンを使用したラウンド数決定機能「ガチタイム」は甘デジバージョンの本機にも搭載されていますね。

この「ガチタイム」は大当たりする毎に盤面に存在するクルーンに玉を入賞させて
どの入賞口に玉が入ったかによってラウンド数を決定させるという機能です。

入賞口とラウンド数の組み合わせ、ラウンド比率は大当り毎に変化する上に
どの入賞口に玉が入るかは完全にランダムなので
常に「ガチ」な緊張感を味わうことが出来るというシステムです。

詳細なスペックやシミュレーション値に関しては
申し訳ありませんがもう少しお待ちを…



今回は以上です。
みやじま個人としては
CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km 299ver.
CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km 199ver.
に期待しています!

あの「ゴチ装置」は斬新というだけではなく、
打ち手目線の良いシステムですよね。
今から導入が楽しみです。

噂話おじさんみやじまの未確認情報アワー


以前このコーナーでも紹介したことがありますが、
藤商事さんの長寿シリーズ「CR暴れん坊将軍」の最新作が
近々リリースされるという噂が入ってきました。

ちなみに前回「~怪談」というサブタイトルかもしれない、
という話をしましたが、どうやらこのタイトルで間違いないようです。

…なんで怪談なんでしょうね?
ホラー機種に定評のある自社の長所を生かしたかったのか、
それとも最近の妖怪ブームに乗りたかったのか。
よくわかりませんがとにかく暴れん坊将軍シリーズ最新作は
「CR暴れん坊将軍 怪談」というタイトルです。

そして今回この機種のスペックについての噂が入ってきたんですが、
本機「CR暴れん坊将軍 怪談」はマックスタイプとミドルタイプが用意されていて、
どちらもV-ST機とのことです。

藤商事さんのV-ST機というと「CR緋弾のアリア」が思い浮かびますね。
リリースからしばらく経つ今も未だに人気のあるこの機種ですが、
V-ST機なのにも関わらず保留が入賞準消化という謎の仕様なんですよね。

大当たり時にヘソ保留を貯めていれば貯めているほどパンクのリスクが上がるという
打ち手からするとデメリットしか無い仕様です。
V-ST機を作るならヘソ保留を消化させないような工夫をしてもらいたいんですけどね…
こういう細かいところで打ち手に損をさせようとする機種はホント嫌いです。

今回の「CR暴れん坊将軍 怪談」はどうなっているのか非常に気になりますね。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。