12月29日+1月5日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール - パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月29日+1月5日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール

今日も来週導入予定のパチンコ・パチスロ新機種をまとめてみました。

来週はどんな機種がリリースされるのでしょうかね?

それではいってみましょう!

↓ぽちっと一発お願いします↓
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

・パチンコ(機種名をクリックするとパチたまのスペックページに飛びます)
※が付いた機種は準備中です

該当機種なし


・パチスロ(パチたまでは今のところスロットは扱ってないので機種名をクリックしても何も起こりません)

該当機種なし


先週もお伝えした通り、
来週はパチンコ、パチスロ共にリリースを予定している機種はありません。
まぁ年末ですしねー。こんなもんでしょう。

ということで今回は再来週2015/1/5にリリース予定の機種を紹介します。
代わりと言ってはなんですが、来週はブログの更新はお休みします。
再来週1/10から再開予定ですのでよろしくお願いします。

来週のリリース機種は以下のとおりです。

・パチンコ(機種名をクリックするとパチたまのスペックページに飛びます)
※が付いた機種は準備中です
CRぱちんこよしもとタウン
CR GOD AND DEATH 399MAX
CR GOD AND DEATH 199L
CRフィーバー真花月G
CRフィーバー真花月
CR夜王Z
CR夜王F
CR夜王MA
CR占星少女ななみSAA
CR銀河乙女 99.9ver.
CRブラックラグーン2 2400AX
CRブラックラグーン2 ASX
CRA祭りだ!サブちゃん


・パチスロ(パチたまでは今のところスロットは扱ってないので機種名をクリックしても何も起こりません)

パチスロ「サラリーマン金太郎 出世回胴編」


以上のパチンコ13機種+パチスロ1機種の計14機種です。
新年明けて早々結構多いですねー。

それではこれらの機種の紹介してみましょう。

CRぱちんこよしもとタウン
タイトル通り吉本興業に所属する「よしもと芸人」がメインのパチンコ機です。

スペックはライトミドルのV確ループタイプという少し変わったスペックになっています。
最近増えては来ましたがこのタイプはまだあまり一般的ではないスペックですね。

なぜV-STは流行しているのにV確ループタイプは流行っていないのか?
というといろいろ理由はあると思うんですが、
その最大の理由は確変中の中弛みだと個人的に思っています。

このV確スペックは出玉なし大当たりや潜伏確変を搭載せずに
確変の突入率と継続率に差をつけることが出来る画期的なシステムなんですが、
確変に突入した後であってもヘソ保留で大当たりをしてしまうと
確変突入率は突入後の振り分けではなく突入前の振り分けになってしまうという欠点があります。

それを防ぐために各メーカーさんはいろいろ工夫をしたりしなかったりしているわけですが、
その一つが
「確変中の大当たり確率を下げて、うっかりヘソ保留を消化してしまった時に大当たりしにくくする」
です。

今回の「CRぱちんこよしもとタウン」も確変中の大当たり確率は
約1/90とライトミドルとしてはかなり重めです。

確変中の大当たり確率を重くするということは
その分連チャン中に消化する電サポ回転数が増えるということなんですが、
ST機なら当たるか当たらないか常にハラハラ出来るので、
多少電サポ消化が長くなってもまぁ割と楽しめます。

しかし、確変突入=次回の大当たりが確定しているループタイプだと
大当たりしない限り確変継続or転落などの動きがないので
電サポ消化時間が長くなると結構辛いんですよね。

その対策として電チュー入賞時の賞球を1個にして電サポ中の消化時間を
ギリギリまで早くしたりする工夫はしているんですが、
大当たり感で300回転、400回転ハマることもザラなのでやっぱり退屈です。

今回の「CRぱちんこよしもとタウン」の確変中は
コント動画を観ることができたりして
その中弛みを軽減しようとしているようですがどうなるでしょうね?
この機種が人気がでるかはその辺りに掛かっているような気がします。


この機種が人気が出るかはさておいて、
この機種にはパチプロ視点からするとかなり痛いポイントがあります。
上にさらっと書いたんですが、
それは「この機種の電チュー賞球が1個」というところです。

京楽さんの機種といえば
「元のスペックが甘い上に技術介入要素が多く効果も高い!」ということで
お世話になったパチプロはかなり多いと思うんですが、
今回の「CRぱちんこよしもとタウン」は電チューの賞球が1個なので
少なくとも電サポ中の止め打ちで玉を増やしたりはできません。
これは結構痛手ですね。

甘いのは甘い機種なのでよく回る台であれば美味しいんでしょうが
他の京楽さんの機種のように
「あんまり回らないけど右がいいからいけるっしょ!」とはならないと思いますので
他の京楽さんの機種のと同じように立ちまわるのはヤメた方が良さそうです。

CR GOD AND DEATH 399MAX
CR GOD AND DEATH 199L
タイトルだけ見るとファンタジー系のバトル物かな?と思えるようなタイトルですが、
中身は相撲を題材にしたかなり硬派な機種です。
ちなみに「GOD AND DEATH = ゴッドアンドデス = どっどあんどです = ごっつぁんです」
というダジャレだそうですよ(笑)

スペックは豊丸さんの人気機種「CRセクシーフォール」を踏襲していて、
V確+転落抽選タイプというスペックになっているそうです。

確変継続率は約78%で電サポ中の大当たりの97%が16R大当たりという
なかなか強力なスペックになっています。

確変中の大当たり確率が重い上に継続率が高いため電サポ滞在率は高めですが、
電サポ中の消化スピードが早いので時間から見た滞在率はそこまで極端には高くならないと思います。
ですので、電サポ中の出玉増減が収支に与える影響が極端に高くなるということはなさそうです。

というか、こういうスペックの機種ですし、
打ちっぱなしにしていても無駄玉はあまり出ない仕組みになっていて
電サポ中に打ちっぱなしにしていてもあまり出玉が増減しないようになっていると思います。

一応、打ちっぱなしにしていると徐々に玉が減ってしまう可能性がありますので、
損を減らすという意味でも台選択の際に右側の調整に気を付けたり
電サポ中に止め打ちをして無駄玉を減らすなどの工夫は有効だと思います。

CRフィーバー真花月G
CRフィーバー真花月
日本の四季の美しさを表現した純和風パチンコシリーズ「花月」シリーズの最新作です。

高継続率機種が主流になる中、
この機種はどちらのスペックも確変継続率は50%強とかなり低めに設定されています。
その代わりにどちらのスペックも大当たり出玉がかなり多めに設定されていて、
最大出玉16R×10C×賞球15個の2400発大当たりを搭載しています。
さらに電サポ中の確変大当たりはすべて16Rなので
連チャンが続けばかなりの爆発力を発揮する機種になっています。

この機種の最大の特徴は「極乗システム」と呼ばれる高性能アタッカー&電チューシステムで
これらはどちらもスライドタイプになっているんですが、
ここの傾斜が非常に緩やかになっているのがポイントです。

この緩やかな傾斜によって玉のスピードが落ちて、
大当たりや電サポ中のインターバル間に玉が来たとしても
スロープ部分を通過し切る前に次の開放が間に合うので無駄玉が発生しない、
というシステムになっています。
このシステム×2400発大当たりのインパクトは凄まじいでしょうね。

ちなみにこの機種には実質4R大当たり後と突然確変時に
アタッカーが高速開放するタイミングがあるんですが、
アタッカーが優秀だからか開放時間をあえて長めに設定しているのか
玉を打ちっぱなしにしているとそこそこの出玉を獲得することが可能のようです。
実質4R大当たり後と突然確変中は打ち出しを止めないように気を付けましょう。

特に初回4R大当たりを引いた時はラウンドランプを確認して
実質4Rなのか4Rなのかをしっかりチェックしましょう。


CR夜王Z
CR夜王F
CR夜王MA
原作:倉科遼氏、作画:井上紀良氏による漫画作品が原作のパチンコ機です。

最近ではお馴染みになったV-ST機で、
「~鋼」以降の「CR牙狼」シリーズのようなシンプルなV-ST機になっています。
牙狼シリーズと比べると大当たり出玉が若干少なくなっている代わりに
ST突入後の継続率が約80%と高めになっています。

そのため電サポ滞在率は牙狼シリーズなどと比べて高くなっているので
この機種を打つ際はなるべく右側の調整に気を付けましょう。

CR占星少女ななみSAA
独特の雰囲気が一部で人気の高かった「CR占星少女ななみ」の続編です。
盤面上のフィギュアがなんとも言えない不気味さを放っています(笑)

今作は液晶は使用せず、ベルトリールを使用したドラム機となっています。
ベルトパチンコシリーズとしては「CR幕末義人伝浪漫」に続く第二弾ですかね。

スペックは突入率、継続率共に100%のSTタイプで、
通常時から8個まで保留を貯めることが出来る機能を搭載しています。

出玉なし潜伏確変の比率がヘソ、電チュー合算で20%弱とそこそこ高めです。
今のところ判別方法は不明ですが取りこぼしてしまわないように注意しましょう。

なんの根拠もありませんが、
モード移行時にラウンドランプ点灯で潜伏確変濃厚!みたいな
わかりやすい判別方法があると思います。恐らくですが…

万が一、一昔前の機種のように小当りと潜伏の判別はセグを確認しないとわからない、
という仕組みだった場合ですが、
この機種のSTは4回転だけなのでモード移行してから4回転回せば
潜伏確変の取りこぼしはなくなります。


CR銀河乙女 99.9ver.
乙女ブランドの第二弾「銀河乙女」の追加スペックですね。

スペックは以前リリースされたマックスバージョンなどと同じように
V確ループタイプになっています。

この機種は大当たり確率が甘デジにしては重い上に、
確変突入後の継続率が75%と高いため回転数から見た電サポ滞在率は恐ろしく高いです。
ただ、マックスバージョンなどと同じであれば電サポ中の消化スピードが非常に早いので
時間から見ると極端に滞在率が高いということは無いと思います。

ちなみにマックスバージョンなどと同じ開放パターンであれば
電サポ中に打ちっぱなしにしていると徐々に玉が減っていってしまいますので
可能であれば止め打ちに挑戦しましょう。

電チュー賞球が1個なので増えることはありませんが、
出来る限り損しないためにもキチンと止め打ちするに越したことはありません。

無駄玉を抑えすぎて小デジ保留が切れる
→電チューが開いていないのに玉を打つ羽目になってかえって損をすることに
なんてことになると本末転倒ですので小デジ保留と右側の調整と相談しながら
損をしないことを第一に考えた打ち方をするようにしましょう。


CRブラックラグーン2 2400AX
CRブラックラグーン2 ASX
広江礼威氏による大人気漫画作品「ブラックラグーン」が原作のパチンコ機の第二弾の追加スペックですね。

詳細なスペックは現在調査中なんですが、
マックスバージョンと同じバトルタイプになっています。

今回リリースされる2機種はどちらも甘デジスペックですが、
CRブラックラグーン2 2400AX」の方は型番にもある通り
2400発大当たりを搭載しています。
また、2014年の新内規に対応していて
ヘソ入賞時の賞球が1個に設定されているのも特徴です。

詳細なスペックが判明し次第シミュレーション値なんかを掲載しますので
今しばらくお待ち下さいね。

CRA祭りだ!サブちゃん
タイトル通り、演歌界の大御所中の大御所北島三郎氏とのタイアップパチンコ機です。
今作で7作目でスペックはハネモノとなっています。

この機種の最大の特徴は
同社の人気パチンコ機「ポチッと一発!おだてブタ」の役物が搭載されているところです。



かなり長くなってしまいましたが今回は以上です。
冒頭でも書きましたが来週は更新をお休みします。
再来週1/10から再開予定ですのでよろしくお願いしますね。

噂話おじさんみやじまの未確認情報アワー


1960年代に初代が登場してからいまだに続く超長寿シリーズ
ウルトラマンシリーズが原作のパチンコ機がリリースされるという噂が入ってきました。

ウルトラマンシリーズというと昨年ウルトラマンタロウがパチンコ化しましたが、
今回パチンコ化されるのはウルトラシリーズとしてはかなり新しい部類の作品
「ウルトラマン列伝」に登場する「ウルトラマンゼロ」が主人公の機種になるという噂です。

調べてみるとこのウルトラマンゼロというのはセブンの実子らしいですね。
かつて大人気だった「CRぱちんこウルトラセブン」のような
完成度の高い機種に仕上がると良いですね。

ちなみにリリース元はこれまでウルトラシリーズをリリースしてきた京楽さんとのことですが、
もしかすると別ブランドのオッケー.さんからのリリースになるかも?という噂です。
その辺りについても気になるところですね。



それではみなさま、良いお年を!

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。