2月2日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール - パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月2日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール

今日も来週導入予定のパチンコ・パチスロ新機種をまとめてみました。

来週はどんな機種がリリースされるのでしょうかね?

それではいってみましょう!

↓ぽちっと一発お願いします↓
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

・パチンコ(機種名をクリックするとパチたまのスペックページに飛びます)
※が付いた機種は準備中です

CR燃える闘魂アントニオ猪木~格闘技世界一決定戦~399ver.
CR弾球黙示録カイジ3 WXA
CR麻雀姫伝MM
ぱちんこCR怪物くん デーモンの剣394type
CR暴れん坊将軍 怪談FPF
CR暴れん坊将軍 怪談FPL
CRフィーバー涼宮ハルヒの憂鬱Y
CRぱちんこマジカルハロウィン すうぃーと・ちょこれーとver.
CR龍が如く見参! 天照祇園編 漢心EWG
デジハネCR龍が如く見参! 天照祇園編 女心SWA
CRモンキーターン 誰よりも速く!M
CRモンキーターン 誰よりも速く!GL
CR特命係長只野仁N-KE

・パチスロ(パチたまでは今のところスロットは扱ってないので機種名をクリックしても何も起こりません)

パチスロ「真モグモグ風林火山2」
パチスロ「ニューパルサーデラックス」


というわけで来週はパチンコ13機種+パチスロ2機種の計15機種がリリース予定です。
それではいつものように機種の紹介をしていってみましょう。

CR燃える闘魂アントニオ猪木~格闘技世界一決定戦~399ver.
国民的人気プロレスラーで現国会議員のアントニオ猪木氏が主人公の人気シリーズ最新作です。
今回で5作目ですかね?

本機はシリーズ初のV-STタイプとなっていて、
ST突入率は約51%、ST突入時の継続期待値は約80%、
電サポ中の大当たりは全て16R大当たりという
高い爆発力を持ったスペックとなっています。

同じようなスペックで人気の「CR牙狼」シリーズと比較すると
出玉を少し少なめにした代わりに継続率をアップさせた様なスペックですね。
継続率が高いということは電サポ滞在時間が長いため
電サポ中の玉の増減が収支に大きく影響します。
台を選ぶ際は右側の調整によく注意するようにしましょう。

ちなみに前作で何かと話題になった「愛ポケット」は
どうやら今回は搭載されていないようですね。残念。

CR弾球黙示録カイジ3 WXA
ギャンブル漫画の第一人者福本伸行氏の代表作「カイジ」シリーズを原作としたパチンコ機。
過去に何度もパチンコ化されているが正式なナンバリングタイトルとしては実は3作目です。
「沼シリーズ」とかを含めるともっと多いんですけどね。

今作はシリーズ初のV-ST機となっていて、
電サポ中の大当たりは16Ror1Rのみと
ギャンブル漫画を原作とした機種らしくメリハリの効いたスペックになっています。
この機種の大当たりは10C×賞球15個なので
2400発or150発というまさに天獄と地獄ですね。

ST突入時の継続率は上で紹介した
CR燃える闘魂アントニオ猪木~格闘技世界一決定戦~399ver.」並の
80%と非常に高い上にST電サポ数が166回と
他の同様のスペックの機種と比べても長いため電サポ滞在率は高めです。
電サポ滞在時間が長いということは
電サポ中の玉の増減が収支に大きく影響しますので、
台を選ぶ際は右側の調整によく注意するようにしましょう。

CR麻雀姫伝MM
タイトルの通り麻雀をテーマにしたパチンコ機で、
サンセイR&D様の歴代機種に登場したオリジナルキャラクターたちが登場します。
いいですね!

この機種の最大の特徴は「VVループ」と呼ばれる連チャンゾーンで、
この「VVループ」に突入すると2回の大当たりが保証されます。
さらに、そのどちらかの大当たりが時短付き大当たりだった場合、
VVループに再突入するという、かつての2回ループ機のようなスペックになっています。

1回毎の継続率は約43%と低めに設定されていますが
2回もチャンスがあるので継続率はそこそこに高めです。
1種2種混合タイプというスペックも相まって瞬発力には期待できそうですね。

ぱちんこCR怪物くん デーモンの剣394type
藤子不二雄A氏による国民的漫画作品「怪物くん」が原作のパチンコ機です。
少し前には実写TVドラマも放送していましたね。

スペックはV確×転落抽選タイプのマックス機で、
電サポ中の大当たりの88%が16R大当たり、
継続率は約87%というメチャクチャな爆発力がウリです。

今回既にマックスV確タイプを紹介するのはこれで3機種目ですが、
この機種は確変突入後の継続率が約87%と極端に高いため
電サポ滞在率は甘デジ並の数値となっています。
当然電サポ中の玉の増減が非常に大きく影響しますので
右側の調整には気を付けて台を選択するようにしましょう。

あと、出来ることなら止め打ちなども試してみましょう。
もしも増やすことができるなら美味しい思いが出来そうです。

CR暴れん坊将軍 怪談FPF
CR暴れん坊将軍 怪談FPL
時代劇「暴れん坊将軍」が原作の人気パチンコシリーズ最新作で、
今週のV確機種第4弾です。多すぎ!

また、今作はタイトルにもある通り「怪談」がテーマになっています。
まぁ藤商事さんといえばホラー、と考えればこの組み合わせもあり?なのかな。

今週紹介した他のV確機種よりも確変突入率が若干高く、
確変中の大当たり確率も高めです。
その分電サポ回数も少なめになっていますので
他の3機種に比べれば電サポ滞在率はそこまで高くありません。
といっても他のスペックに比べれば充分に高い数値ですので
右側の調整への注意は怠らないようにしましょう。

また、藤商事さんの電サポといえば
電サポ中の止め打ちが簡単&効果が高いことで有名です。
今回の機種がいつも通りの開放パターンかはわかりませんが
試してみる価値は充分にあると思います。

CRフィーバー涼宮ハルヒの憂鬱Y
谷川流氏の大人気ライトノベル作品「涼宮ハルヒの憂鬱」を原作とした
アニメ作品が原作のパチンコ機の追加スペックです。

甘デジバージョンの本機もミドルバージョンと同じく1種2種混合機で、
「小当り中にハネに玉を拾わせて、それがV入賞すれば大当りする」という
システムを搭載しているのが特徴となっています。

1種2種混合機ならではの瞬発の高さが魅力の機種でしたので
甘デジバージョンのこの機種もその辺りに期待ですね。

CRぱちんこマジカルハロウィン すうぃーと・ちょこれーとver.
KPE様の人気パチスロシリーズ「マジカルハロウィン」のパチンコ版の追加スペックです。
スペックはスタンダードな確変機で
小当りや潜伏確変が存在しないわかりやすいスペックになっています。

現時点では時短回数の振り分けが公表されていないので
ボーダー回転数などは算出できていないんですが、
ヘソの賞球が1個に設定されている機種ですので
回転率が稼ぎにくい代わりにボーダー回転数自体は
低めに設定されているんではないかと思います。

CR龍が如く見参! 天照祇園編 漢心EWG
デジハネCR龍が如く見参! 天照祇園編 女心SWA
人気ゲームシリーズ「龍が如く」のスピンオフ作品
「龍が如く見参!」が原作のパチンコ機の第二弾の追加スペックです。

追加スペック版の本機も他のスペックと同じくV-ST機になっていて、
ST突入時の継続期待度は約82%(~SWAは約72%)、
電サポ中の16R大当りの比率は50%、
タイヨーエレック様としては初の「ゼロアタッカー」を搭載、
と、非常に攻撃的なスペックとなっています。

この機種の注意点ですが、
どちらのスペックもSTの後半部分が潜伏確変になっています。

と言っても「漢心EWG」の方は
ST回転数が104回転なのに対して電サポが100回転しか付かないという程度。
普通に打っていれば電サポ終了時に電チュー保留は4つ残っているはずですので
取りこぼすことはないはずです。
まぁ一応注意はしておきましょう。

問題は「女心SWA」の方で、
こちらはST回転数が100回転なのに対して電サポは最長でも90回転までしか付きません。
ラスト10回転は必ず潜伏確変となりますので
大当たり終了後は忘れずに100回転まで回すようにしましょう。

CRモンキーターン 誰よりも速く!M
CRモンキーターン 誰よりも速く!GL
競艇をテーマにした河合克敏氏による漫画作品
「モンキーターン」を原作としたパチンコ機の追加スペックです。
ライトミドルバージョンである本機もバトルスペックとなっています。

どちらのスペックにも潜伏確変が存在する点に注意です。
判別方法はパチたまに掲載していますので上の機種名のリンクからどうぞ。

CR特命係長只野仁N-KE
柳沢きみお氏の漫画作品「特命係長 只野仁」が原作のドラマを元にしたパチンコ機です。

甘デジバージョンである本機も確変確率100%のST機で、
「ST突入率、継続率共に100%」「小当りや潜伏確変は存在しない」
という最近では逆に珍しいタイプのST機になっています。



今回は以上です。
マックス×V確機種が4機種も被っているのは驚きでしたね。
シェアの奪いに勝つのは一体どの機種なのか!気になりますねぇ。

噂話おじさんみやじまの未確認情報アワー


タイトルにも「麻雀」という単語が入っているのに
麻雀系の演出が少ない、そもそもあれは麻雀をしているのか?
と話題になった平和さんの人気機種、
「CR麻雀物語」の続編がそろそろ登場するのでは?という噂が入ってきました。

前作は左打ちタイプのST機でしたが今作ではどの様なスペックになるのか気になりますね。
ちなみに噂によると前回と同じくミドルバージョンがメインスペックになるとか。
スペックや導入日に関しての詳細が判明し次第
パチたまなどでお知らせしますのでお楽しみに!


また、あやかの電波ソングが聴けるのか…楽しみやでぇ

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。