6月8日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール - パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月8日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール

今日も来週導入予定のパチンコ・パチスロ新機種をまとめてみました。

来週はどんな機種がリリースされるのでしょうかね?

それではいってみましょう!

↓ぽちっと一発お願いします↓
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

・パチンコ(機種名をクリックするとパチたまのスペックページに飛びます)
※が付いた機種は準備中です

CRぱちんこトランスフォーマー
※CRキャッツ・アイ399ver.
※CRキャッツ・アイ299ver.
CRヤッターマンYMA
CRガメラLXB
CR三國志~英雄集結~
CRモンキー・パンチ~漫画活動大写真~399ver.
CRモンキー・パンチ~漫画活動大写真~199ver.
※CRAクリスタル&ドラゴンFPW
CRジューシーハニーRR
デジハネCR化物語
デジハネ7CR化物語
※CRフィーバースター・ウォーズ Battle of Darth Vader YR
※CRフィーバースター・ウォーズ Battle of Darth Vader YA


・パチスロ(パチたまでは今のところスロットは扱ってないので機種名をクリックしても何も起こりません)

パチスロ「吉宗~極~」
パチスロ「デビルサバイバー2 最後の7日間」
パチスロ「ガン×ソード」
パチスロ「大工の源さん~桜満開!源DREAM ver.~」
パチスロ「おとめ妖怪ざくろ」


というわけで来週はパチンコ14機種+パチスロ5機種の計19機種がリリース予定です。

パチンコ、パチスロ合計で20機種弱!
えらく固まりましたねー。何かあるんでしょうか?

それではいつものように機種の紹介をしていってみましょう。

CRぱちんこトランスフォーマー
マイケル・ベイ監督によるSF映画作品
「トランスフォーマー」が原作のパチンコ機です。

スペックはマックスタイプのV-ST機で、
電サポ中の大当たりはすべて2400発大当たりというのが特徴となっています。
じゃあ継続率が控えめなのかな?と思う方もいるかもしれませんが、
なんとST継続率は約77%と控えめどころかむしろ高めな数値に設定されています。

ST継続率77%×ALL2400発…
マックス規制直前にトンデモナイ機種が登場しますね。

この機種の注意点ですが、
この機種はST継続率が高い+ST回転数が185回転と長いため
一般的なミドルスペック機並に電サポ滞在率が高めです。

電サポ滞在率が高いということは
電サポ中の出玉増減が収支に影響を与えやすいということ。

電チューの賞球は3個ですし、そもそもメーカーは京楽さんなので、
電サポ中の止め打ちが効いて玉がバシバシ増える、ということも考えられます。
もしそうなれば電サポ滞在率が高い
=玉増やしの効果も高いということでかなり熱い機種になるんですが、
逆に言えば玉減りしてしまう場合は玉減りの影響も受けやすいということになります。

この機種を打つ際は右側の調整に気をつけるようにしましょう。

CRキャッツ・アイ399ver.
CRキャッツ・アイ299ver.
北条司氏による人気漫画「キャッツ・アイ」が原作のパチンコ機です。

スペック的にはV-ST機なんですが、
他の一般的なV-ST機に比べてST継続率が高めに設定された、
連チャン性能を重視したスペックになっています。
(どちらのスペックも継続率は約87%)

さらに電サポ中は1/29という高確率で小当りに当選、
小当り中はアタッカーが開くので玉が増える、
という機能も搭載されています。

この機種は電チューの賞球が1個なので
普通に打っていれば玉が少しづつ減っていきますが、
この機能によって出玉の減少を補うことが可能となっています。

この機種の注意点ですが、
ST中の大当たり確率がV-STタイプにしては高めなので
ヘソ保留の消化には注意したいところですね。

最近では初回大当たりを消化していると
高確率で電チューが開いて電チュー保留を確保、
初回大当たり後に電チュー保留が無いため
ヘソ保留を消化してしまうという状況を無くす機種が増えてきましたが
この機種にもそういう心配りがあるかは今のところ不明です。

判明するまでは熱い先読み予告が発生したら打ち出しを止めるなどして、
保留を貯めないようにした方が良さそうですね。

CRヤッターマンYMA
1970年代に放送されたTVアニメシリーズ「タイムボカンシリーズ」の2作目
「ヤッターマン」が原作のパチンコ機です。
「ヤッターマン」というと数年前に平和さんからパチンコ化されたことがありましたが、
今作はサンスリーさんからのリリースですね。

スペックはミドルスペックのV確ループタイプになっていて、
同社から以前リリースされた「CR GO!GO!マリン」で好評だった
「スタート++」がパワーアップして搭載されているのが特徴です。

アタッカー上に設置されているフロック
「よくばりポケット」の賞球を含めた大当たり出玉が不明なため
シミュレーションなどは出来ていないんですが
個人的に気になる1台だったりします。
パワーアップしたらしい「スタート++」が楽しそう!

CRガメラLXB
1965年に一作目が放映されてから、
10以上の作品を放映してきた人気特撮映画作品
「ガメラ」が原作のパチンコ機です。

スペックはライトミドルタイプの一種二種混合機で、
同じ大当たり帯の「CRフィーバー涼宮ハルヒの憂鬱」などと比べて
継続率が控えめな代わりに時短突入率が高めに設定されているのが特徴です。

また、15R大当たり比率が55%とかなり高めに設定されているので
ツボにはまった時は一種二種混合タイプ特有の連チャンスピードと相まって
かなりの出玉スピードに期待できそうです。

CR三國志~英雄集結~
コーエーテクモゲームスによる人気ゲーム
「三國志」シリーズが原作のパチンコ機です。

スペックはマックスタイプのバトルスペック機で、
通常大当たり後の時短は一切ない代わりに
確変確率77%×電サポ中の16R比率は75%という
高い出玉性能を持ったメリハリのあるスペックになっています。

CRモンキー・パンチ~漫画活動大写真~399ver.
CRモンキー・パンチ~漫画活動大写真~199ver.
「ルパン三世」などで知られる漫画家
モンキー・パンチ氏の短編作品を原作としたアニメ作品
「モンキーパンチ漫画活動大写真」が原作のパチンコ機です。

スペックはどちらもV-ST機なんですが、
初回の通常大当たりには時短が付かない代わりに
ST突入率は70%↑とこのタイプの機種としては
かなり高く設定されているのが特徴となっています。

良く言えばメリハリが合って良い、
ST非突入時の時短が無いので時間効率が良い。
悪く言えば通常を引いてしまうと救いがない。
ということで賛否両論はありそうな極端なスペックですね。
うちのLuvaなんかは好きそうな気がします。

※CRAクリスタル&ドラゴンFPW
藤商事さんのオリジナルコンテンツで、
最近流行りのソーシャルゲームをモチーフにした機種ですね。
タイトルもそれっぽいですよね。

藤商事さんとしては珍しい甘デジ専用の機種で、
連チャン性能は控えめに設定されている代わりに
大当たりの振り分けが15R:4R=1:1という
甘デジとは思えないような振り分けになっているのが特徴です。

CRジューシーハニーRR
総勢20名のセクシー女優たちが主役のパチンコ機の追加スペック。

以前リリースされたライトミドルバージョンは
突入率60%、継続率100%のV-ST機でしたが、
甘デジバージョンの本機は突入率、継続率共に100%の
スタンダードなSTタイプになっています。

デジハネCR化物語
デジハネ7CR化物語
西尾維新氏による大人気ライトノベル作品
「物語」シリーズの一作目「化物語」を原作としたパチンコ機の追加スペックです。

どちらも甘デジスペックですが、
デジハネ7CR化物語」の方はタイトルにもある通り
ヘソの賞球が7個に設定されています。
当然よく回ることが前提の性能となっていますので
ボーダー回転数なんかもヘソ賞球が3個の機種に比べてかなり高めです。

この手のスペックはヘソ賞球が7個という事に気付かずに打ち、
「1kで23回回るじゃん!」とよく回っていると勘違い、
後になって23回/1kでもボーダーを割っているということに気がつく、
なんてことがありがちなのでよく注意しましょう。


※CRフィーバースター・ウォーズ Battle of Darth Vader YR
※CRフィーバースター・ウォーズ Battle of Darth Vader YA
世界的に人気のSF映画作品「スター・ウォーズ」が原作のパチンコ機の追加スペックです。

どちらも甘デジスペックではありますが、
「~ YA」の方は大当たり確率約1/49.9の当たりやすさ重視のスペックになっています。

ゲームフローは以前リリースされたバージョンと同じで、
連チャンゾーン「VADER RUSH」へは
初回大当たりの約13%の16R大当たりを引くか
初回大当たりの約65%の4R大当たり終了後の昇格ゾーンで大当たりを引くことで突入します。

VADER RUSHへの突入率は
昇格ゾーンの引き戻しを考慮しても約50%ほどと厳しいものの、
VADER RUSHの継続率は約80%と
甘デジとは思えないほどに高く設定されているのが特徴です。


今回は以上です。
これだけ多い機種を紹介するのは久しぶりですねー。
これだけ多いなら先週いくつか紹介しとけばよかったかな…

噂話おじさんみやじまの未確認情報アワー


先週このコーナーで紹介した
伝説のサッカー漫画「キャプテン翼」がパチンコ化するという噂ですが、
今回はそのスペックについての噂が入ってきました。

超有名な版権がパチンコ化するということで
どのようなスペックになるのか非常に気になっていたんですが、
噂によると

・マックスタイプのV-ST
・ST突入率:約50%
・ST継続率:約80%弱
・電チュー大当たりはすべて2000発大当たり(払い出し?)

というスペックだとか。


…牙狼じゃん。

これだけ有名な版権を使ってコケたくないし
とりあえず無難なスペックで出しとくかって感じですかね。

某国民的ロボットアニメパチンコの2作目は
複雑なスペックにしたことであまり支持を得られなかったのか
稼働率が高いとはいえない状態ですしね…

いやでもこれは流石にまんま牙狼すぎる気が…
V-ST機にするにしても継続率に特化するとかALL2400発にするとか
牙狼と差別化することは出来たんじゃないですかね。


あくまで噂ですので本当にこういうスペックなのかはわかりませんが…
うーん

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。