8月31日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール - パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月31日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール

今日も来週導入予定のパチンコ・パチスロ新機種をまとめてみました。

来週はどんな機種がリリースされるのでしょうかね?

それではいってみましょう!

↓ぽちっと一発お願いします↓
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

・パチンコ(機種名をクリックするとパチたまのスペックページに飛びます)
※が付いた機種は準備中です

該当機種なし


・パチスロ(パチたまでは今のところスロットは扱ってないので機種名をクリックしても何も起こりません)

該当機種なし


今週に引き続き、来週もパチンコ、パチスロ共にリリース機種はありません。
盆明け8/17に集中した反動ですかね。

ということで来週はリリース機種がありませんので
代わりに今回は再来週リリース予定の機種を少しだけ紹介しようと思います。

CRギンギラパラダイス クジラッキーと砂漠の国 MAXタイプ
CRギンギラパラダイス クジラッキーと砂漠の国 強ミドルタイプ
海シリーズの元になった「ギンギラパラダイス」シリーズの第四弾ですね。

スタンダードなスタイルを貫く海物語シリーズとは違って
流行のスペックを積極的に搭載する「ギンギラパラダイス」シリーズですが、
今作はV確ループタイプになっています。

ただ、V確システムを搭載されていると言っても、
すべての大当たりに出玉あり、電サポ中の通常大当たりにも100回転の時短が付くという
従来の海シリーズに近いスペックとなっています。

また、この機種には「BONUS PLUS」というフロック入賞口が搭載されているのが特徴で、
これによって大当たり出玉の底上げがされるようになっています。
(フロックへの入賞率はアタッカー:フロック=2:1ぐらい?)

遊技感自体は海シリーズに近づけてありながら
新しいギミックも搭載しているという面白い機種ですね。

潜伏確変や出玉なし大当たりも存在しないので、
パチンコ初心者の方でも安心して遊べると思います。

この機種を打つ上での注意点ですが、
この機種は「BONUS PLUS」で出玉を底上げされているのが前提でスペックが設計されています。
ですので、ここの部分が削られていると期待値的にはかなり厳しくなります。

「BONUS PLUS」はこの機種のウリの一つですので
露骨に削ってくるホールは"そんなに"ないとは思いますが一応注意しましょう。
(「猪木 愛ポケット」なんかで画像検索するとやるところはやるというのがわかると思います。)


着信アリFPF
AKB48のプロデューサーや作詞家として知られる
秋元康氏が原作のホラー小説が原作のパチンコ機です。

スペックはマックスタイプのV-ST機で、
他の一般的なV-ST機よりもST突入率が高めに設定されているのが特徴です。

ちなみにスペック自体は同じく藤商事さんの「CRリング 呪い再びFPK」に似ていますが、
電サポ中の大当たりがランクアップメインだった「CRリング 呪い再びFPK」と違って
着信アリFPF」は16R:8R=70%:30%という比較的シンプルな構成になっています。

この機種を打つ上での注意点ですが、
この機種はV-ST機にしてはST中の大当たり確率が高めに設定されています。
ということはヘソ保留1回転あたりの大当たり確率が高い=ST転落リスクが高いということですので
ヘソ保留の消化には充分気をつけるようにしましょう。

特にこの機種は通常時から8個まで保留を貯める昨日が付いていて、
保留の消化順は入賞順となっています。
初回大当たり時にヘソ保留が合った場合は必ず消化されてしまいますので、
熱い先読み予告が発生したら保留を貯めるのをやめるなどして
なるべくムダなヘソ保留を貯めないように注意しましょう。

CRモンキー・パンチ~漫画活動大写真~129ver.
「ルパン三世」などで知られる漫画家モンキー・パンチ氏の短編作品を原作としたアニメ作品
「モンキーパンチ漫画活動大写真」が原作のパチンコ機の追加スペックです。

甘デジバージョンの本機も他のスペックと同じくV-ST機で、
初回通常大当たり後に電サポが付かない代わりに
ST突入率自体が高めに設定されているのが特徴です。

この機種はヘソ保留消化時の転落リスクを軽減するため
ST中の大当たり確率をかなり重めに設定されているので
電サポ滞在率が非常に高く設定されています。

電サポ滞在率が高いということは電サポ中の出玉増減の影響を受けやすいということですので、
この機種を打つ際は右側の調整によく注意するようにしましょう。


今回は以上です。
来週は9/7にリリース予定の残りの機種を紹介しますのでお楽しみに!

噂話おじさんみやじまの未確認情報アワー


現在、週刊少年マガジンで看板作家として活躍中の
真島ヒロ氏による人気マンガ作品「RAVE」を原作とした
パチンコ機の第二弾がリリースを予定しているという噂が入ってきました。

前作がリリースされたのは2012年でしたので3年ぶりの新作ですね。

メーカーさんは前作と同じく藤商事さんで、
今日紹介した「着信アリFPF」の次期種になる予定とのことです。
ということは登場時期は10月頃でしょうかね。
そして10月に登場予定ということは恐らくマックススペックになるでしょう!

前作はマックスタイプのバトルスペック機でしたが、
今作はどのようなスペックになるんでしょうかね?

スペックや導入日に関する詳細は今のところ不明ですが、
判明し次第お知らせしますのでお楽しみに!

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。