12月2日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール - パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月2日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール

今日も来週導入予定のパチンコ・パチスロ新機種をまとめてみました。

来週はどんな機種がリリースされるのでしょうかね?

それではいってみましょう!

↓ぽちっと一発お願いします↓
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

12/2導入予定機種

・パチンコ(機種名をクリックするとパチたまのスペックページに飛びます)

CR花の慶次SP~琉 L2-K
CRバイオハザードBL-F
CRAスーパー海物語IN沖縄3 ASA
CR餃子の王将 メガ盛り7000
CR Dororonえん魔くん メ〜ラめらH4
CR Dororonえん魔くん メ〜ラめらM4
CRフィーバー機動戦士ガンダムY
CRフィーバー機動戦士ガンダムYS
CR烈火の炎 9AW1
※CR秘密戦隊ゴレンジャー A2X

・パチスロ(パチたまでは今のところスロットは扱ってないので機種名をクリックしても何も起こりません)

パチスロ「獣王 王者の帰還」
パチスロ「うる星やつら3」
パチスロ「スゴスロ」
パチスロ「湘南純愛組!」

というわけで来週はパチンコ10機種とパチスロ4機種の計14機種がリリース予定です。

スロットの方は個人的に「うる星やつら3」が気になっています。

AT機でありながらAタイプのようなゲーム性とのことで。

初代からちょくちょく打っているシリーズなので実に気になります。


パチンコの方は、花の慶次の最新作「CR花の慶次SP~琉 L2-K」を筆頭に

「CRバイオハザード BL-F」など全10機種がリリース予定です。

それではいつものように各機種を紹介してみましょう。


CR花の慶次SP~琉 L2-K
先週も少し紹介しましたが、

今作はミドルタイプのST機になっています。

甘デジバージョンなどの追加スペックでは過去にもSTタイプの慶次は存在しましたが、

メインスペックがSTタイプというのはシリーズ6作目にして初ですね。


ミドルじゃあ今までのような爆発力には期待できないなー、なんて思いがちですが、

本機は初回大当りの40%が潜伏確変という恐ろしい仕様になっていて、

その分電サポ中の大当りの80%が16R大当りという今までに引けをとらないほどの荒いスペックになっています。


注意点としては、

先程も紹介しましたが初回大当りの40%が潜伏確変となっています。

本機の大当りは全て出玉が付いているので判別は非常に簡単なので

大当たり終了後電サポがなかったから即ヤメ、なんて事はしないように注意しましょう。


あと、この機種のST回転数は100回転となっていますので

大当たり終了後101回転目以降は通常状態となりますので潜伏確変狙いの時は注意です。

CRバイオハザードBL-F
ハリウッド映画にもなっている同名のゲーム作品が原作のパチンコ機ですね。

盤面右側のタイラント役物が特徴的です。


本機はマックスタイプでありながら

大一さんの超高速電サポシステム「加速装置」が搭載されているので

連チャンしだした時の出玉スピードは非常に早いと思われます。


かなり薄い振り分けですが、

電サポ中の大当りにも電サポ無しの出玉なし確変が存在しているので注意です。

同社の「餓狼伝説」では潜伏確変だった場合、演出で判別できるようになっていましたが

今作CRバイオハザードBL-Fではどうでしょう?現在調査中です。


CRAスーパー海物語IN沖縄3 ASB
お馴染み「CRスーパ海物語IN沖縄3」の追加スペックです。

本来は今年の10月にリリース予定の機種でしたが、

出荷直前に致命的なバグが発見されたためリリースが延期となったようです。


スペックは一見すると普段通りの甘海といった感じですが、

大当りのカウントが9C、賞球が15個と大当りの出玉が非常に多いです。

その分ヘソ、電チュー共通で5%の振り分けの16R大当り以外は

全て4R大当たりとなりましたがそれでもかなりの出玉感です。


因みに電チュー賞球が2個の機種なので止め打ちでモリモリ玉を増やすことは出来ません。

ご注意を。

CR餃子の王将 メガ盛り7000

あの超有名中華料理チェーン店「餃子の王将」とのタイアップ機の第二弾の追加スペックです。

この「~メガ盛り7000」というサブタイトルは、

その名の通り「大当たりすれば1撃で約7000発獲得できるよ」というタイトルです。


その割に大当たり確率は1/32とかなり高めに見えますが

本機はハネモノに近いゲーム性になっていて、

役物を通過した後に到達するスタートに玉を入れて初めて変動開始、

という流れになっているのでそうそう簡単には回りません。


勘違いしないように要注意です。


CR Dororonえん魔くん メ〜ラめらH4
CR Dororonえん魔くん メ〜ラめらM4
永井豪先生による「ドロロンえん魔くん」が原作のアニメ作品

「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」を原作としたパチンコ機らしいです。


スペックは確変確率100%のオーソドックスなSTタイプですが、

初回大当り時のみ出玉なし潜伏確変が存在するので要注意です。

特にCR Dororonえん魔くん メ〜ラめらM4の方は

初回大当たり時の約1/4が出玉なし潜伏確変となっているので

判別はキチンと行うようにしましょう。


今のところ判別方法は不明ですが、

恐らくモード移行時にラウンドランプが点灯すれば潜伏確変、

のような方法で判別が可能だと思います。

CRフィーバー機動戦士ガンダムY
CRフィーバー機動戦士ガンダムYS

ご存知国民的ロボットアニメ「機動戦士ガンダム」が原作のパチンコ機の追加スペックですね。

先にリリース済みのマックスバージョンはアタックラウンドシステムを利用して

STの突入率と継続率に差をつけたスペックでしたが、

今作は両機種ともST突入率、継続率共に100%のスタンダードなST機となっているようですね。


電サポ滞在率は相変わらず高いので右側の調整にはよく注意して台を選択しましょう。

CR烈火の炎 9AW1

1995年から2002年まで週刊少年サンデーで7年間連載された安西信行氏による人気漫画

「烈火の炎」が原作のパチンコ機の追加スペックです。


初回大当たり時の50%が潜伏確変というなかなか恐ろしいスペックになっているので

確変判別はキチンと行うようにしましょう。

判別方法が先にリリースされたものと同じであるなら、

「紅麗詮索モード」移行時にいずれかのラウンドランプが点灯すれば

潜伏確変が濃厚となるはずですので要注意です。


因みに4R大当り終了後は必ず内部的にはST状態なので

大当り終了後60回転は必ず回すようにしましょう。


※CR秘密戦隊ゴレンジャー A2X

1970年代にスタートしてから未だに続いている

長寿特撮シリーズ「スーパー戦隊シリーズ」。

その1作目「秘密戦隊ゴレンジャー」を原作としたパチンコ機です。


先にリリースされた「~L2X」と同じく1種2種混合タイプとなっているようです。

甘デジながら時短中の大当たりの40%が実質15R大当りとなっているので

爆発力は甘デジにしては高い方ですが、

その代わり時短突入率は33%と低めです。


甘デジだからと油断しきらないように注意しましょう。



とりあえず来週リリース予定の機種の紹介はこんな感じですかね。

これらの機種を打つ機会があれば是非参考にしてみてくださいね。

噂話おじさんみやじまの未確認情報アワー



週刊少年ジャンプで連載されたホラー(?)漫画

「地獄先生ぬ~べ~」が原作のパチンコ機がリリースを予定しているという情報が入ってきました。

みやじまぐらいの年代のジャンプ読者にとってはかなり懐かしいんじゃないでしょうかね?


因みに気になるメーカーは藤商事さんです。

作品の内容的に「リング」や「呪怨」といったガチなホラー機種というよりは

「ゲゲゲの鬼太郎」のような機種になるんですかね?


ただし、「ブキミちゃん」やら「メリーさん」やらのエピソードは

当時トラウマを植え付けられた人も多いでしょうし、

その辺りのエピソードを中心にしたガチホラーな作りにしても面白いかもしれませんね。


まだスペックの詳細や導入日などは不明ですが今から楽しみです。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。