3月3日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール - パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月3日導入予定パチンコ・パチスロ機種スケジュール

今日も来週導入予定のパチンコ・パチスロ新機種をまとめてみました。

来週はどんな機種がリリースされるのでしょうかね?

それではいってみましょう!

↓ぽちっと一発お願いします↓
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ情報へ
にほんブログ村

・パチンコ(機種名をクリックするとパチたまのスペックページに飛びます)
※が付いた機種は準備中です

ぱちんこCRモンスターハンター
CRフィーバー海猿
CR緋弾のアリアFPL
CR緋弾のアリアFPS
CR一騎当千 Survival Soldier2 WAA


・パチスロ(パチたまでは今のところスロットは扱ってないので機種名をクリックしても何も起こりません)

パチスロ「ンゴロポポス ~ピンチ!捕われの爺~」
パチスロ「グラップラー刃牙 ~最大トーナメント編~」
パチスロ「聖闘士星矢 -黄金激闘編-」


というわけで来週はパチンコ5機種+パチスロ3機種の計8機種がリリース予定です。

個人的には「ンゴロポポス」と「ぱちんこCRモンスターハンター」が気になってます。

特に「ンゴロポポス」は先週に「アナザーゴッドハーデス -奪われたZEUSVer.-」がリリースされているので

どちらの出玉性能の方が高いのかというところが気になります。

どこか企画でやってくれませんかね?

因みにパチたまでは却下されました。


それではいつものように各機種の紹介をしていってみましょう。

ぱちんこCRモンスターハンター
今更説明するまでもないぐらい超有名なゲームシリーズが原作の機種ですね。
みやじまもPSPで出た「モンスターハンターポータブル2ndG」はプレイしましたがかなり面白いゲームですよね。

スペックは上のパチたまで確認してもらえればわかるんですが、
アタックラウンドシステムを利用したライトミドルのST機になっています。

アタックラウンドでライトミドルでSTでサミーさんというと
「CR北斗の拳5百裂」を思い浮かべますが実際あれにかなり似たスペックになっています。
強いて違いを挙げるなら、あれよりも初回大当り時の振り分けが弱い代わりに大当り出玉が増えています。
(7C×賞球11個→9C×賞球14個)

この機種の注目ポイントですが、
まず、電サポ滞在率が非常に高い点が挙げられます。

有料会員に登録されている方はスペック解析・攻略情報ページに
電サポ滞在率のシミュレーション値を掲載していますので是非確認してみてください。
他の機種と比べてもかなり高めの数値になっているのがわかると思います。

毎週土曜日の「新台導入スケジュール」では何度も言っていますが、
電サポ滞在率が高いということは電サポ中の出玉増減の影響を受けやすいということです。
特に「CR北斗の拳5百裂」のようにリーチ煽りなどの長めの変動を選択されやすい機種の場合
数値以上に影響を受けやすくなっています。

パチたま通信の会員様限定で公開している
「CR北斗の拳5百裂」の攻略をご覧になった方は知っていると思いますが、
ぶっちゃけあの機種は止め打ちをしても大して玉が増えません。
ですが、止め打ちをしなければかなり出玉が削られる機種ですので
止め打ちの効果自体はなかなか高い部類に入ります。

今回の「ぱちんこCRモンスターハンター」が同じようになるかは今のところ不明ですが、
応用が効く可能性は十分にありそうですよね。

元のボーダーはそこまで甘くはありませんが
電サポ中の玉増え次第では十分に打てる機種に化ける可能性は持っていると思います。


CRフィーバー海猿
佐藤秀峰氏による漫画作品「海猿」が原作のパチンコ機です。
実写映画が非常に人気が出た作品なので知っている方は多いと思います。

スペックはパチたまをどうぞ。

最近流行りの、
電チューを上手く利用することによって通常時から最大で8個まで保留することを可能にした機能を搭載した機種です。

スペックはパチたまを見てもらえればわかるんですが、
確変確率100%の割りとシンプルなST機です。

電サポ中の大当りの23.8%が出玉なし大当りではありますが、
残りの76.2%は全て16R確変というミドルスペックにしては高い出玉性能を持っています。
ただし、ST中の大当り確率1/65.2に対して、
ST回転数が70回転と短めなので連チャン率自体はそこまで高くありません。

この機種を打つ上での注意点ですが、
一番の注意点は「通常時の8個保留機能」の仕様です。

この「8個保留機能」を搭載した機種は当然ながら保留の消化順は入賞順消化になっています。
保留の消化順を電チュー保留を優先して消化してしまうと、
通常時からいつまで経ってもヘソ保留が消化されずに残ってしまうことになりますからね。

その為、大当たり後に電サポに突入して電チュー保留をいくつ貯めたとしても、
ヘソ保留が残っている場合は必ずヘソ保留が消化されてしまいます。
もしヘソ保留で大当たりしてしまうと電サポ中であってもラウンド振り分けはヘソ保留の振り分けになるため、
ほとんどが8R大当りになってしまいます。
電チュー保留で大当たりすれば出玉なし大当り以外は必ず16R大当りになるはずですので
ヘソ保留を消化するということは期待値的に損をしていることになります。

ですので通常時で熱い先読みや演出が発生した場合はなるべく保留を貯めることをヤメて様子を見ることをオススメします。

また、電サポを抜け後にも注意点があります。
電サポを抜けた時というのはよっぽどのことがない限り電チュー保留が4個貯まっている状態になります。
そして「8個保留機能」はヘソと電チューに交互に保留を振り分けるという機能です。

その為、電サポ抜けに左に玉を打ち出してヘソに玉を通過させると、
電チュー保留に振り分けられてしまった場合、電チュー保留は既に一杯なので保留されません。
ということはヘソに玉を入れてもヘソへの振り分けの時にした保留が貯まらない=1/2の確率でしか
抽選されないということになります。

これは回転率が半分になってしまうようなもので非常に損をしていることになりますので、
電サポを抜けた後は残りの電チュー保留の数に気を付けましょう。

最近この「8個保留機能」はメジャーになってきましたが、
このようにデメリットもある機能なので機能の特性をキチンと把握して損をしないように気を付けましょう。


CR緋弾のアリアFPL
CR緋弾のアリアFPS
赤松中学氏によるライトノベル作品が原作のパチンコ機ですね。
スペックはアタックラウンドシステムを利用したSTタイプとなっています。
そういえば昨日紹介した「ぱちんこCRモンスターハンター」もそうでしたね。

スペックはパチたまをどうぞ。

ここで有料会員の方は気がついたかもしれませんが
実はこの機種まだパチたまではシミュレーションできていません。

その理由ですが、実は最近の藤商事さんって大当たり確率の小数点以下を一切公表しなくなったんです。
たかが小数点以下のデータといってもこれでは正確なデータを算出できません。
こんなことしても誰も喜ばないでしょうに何で公表してくれないんでしょうね?

そんな訳でハッキリした紹介が出来ないんですが、
とりあえずスペックからわかることを紹介していきましょう。

まず、最近流行りのアタックラウンドシステム×ロングSTになっているこの機種ですが、
ミドルスペックのアタックラウンド機種としては突入率が64%+時短引き戻しと高めです。
更にST回転数は125回転と長めになっているのでどうしても電サポ滞在率はかなり高くなるはずです。

そして、実は藤商事さんの機種というのは一部のプロに使われるぐらい
電チューの開放パターンが簡単+止め打ちの効果が高い機種が多いんです。

大ブームとなったリングや最近リリースされたプロジェクトアームズなどは
賞球が3個で電チューのパターンは長めの開放が3回開く1パターンのみと
かなり電サポ中の止め打ちに向いた機種になっています。
特に捻らなくても単発打ちや2個打ちで十分なのも魅力の一つです。

最近は捻り打ちの効果が高い機種が増えてきましたが
捻り打ちをするとどうしても目立ってしまい店員さんに注意されるリスクが高くなってしまいますからね。

更に昨日の記事でも紹介しましたが
電サポ滞在率が高い=電サポ中の出玉増減の影響が大きいということです。
昨日紹介した「ぱちんこCRモンスターハンター」よりも1回転辺りの出玉増やしに期待ができる
藤商事さんの機種ですし十分期待が持てそうです。

ただし、藤商事さんの機種は電チューの甘さからか右側が削られていることが非常に多いです。
みやじまも昔「CRゲゲゲの鬼太郎 地獄からの使者FPW」を打ってスルーが通らなさすぎて
電サポ100回中に4R分ぐらい玉を減らされたことがあります。
まぁこれは極端な例だとは思いますがw

電サポ中に玉が減るのと増えるのとではボーダー回転数が
かなり変わってくるので気を付けましょう。

CR一騎当千 Survival Soldier2 WAA
塩崎雄二氏による人気漫画作品が原作の「CR一騎当千 Survival Soldier」の後継機で、
今作はその追加スペックです。
基本的なスペックは先にリリースされたマックス版などと同じくアタックラウンドシステムを利用したST機種になっています。

注意点もマックス版などと同じく、
この機種はST中の大当たり確率が低く、ST回転数は長く設定されているんですが、
潜伏確変が存在します。
本機の通常大当りはヘソの10R大当たり時のみとなっているので
その他の大当たり後は必ず72回転までは回すようにしましょう。

また、この機種はアタックラウンドシステムを利用していながら
大当りや電サポの消化が左打ちとなっています。
更に本機の電チューはあまり性能がいいとは言えないので
止め打ちに徹しすぎていると電チュー保留切れ→ヘソ保留で大当り、
なんて事もありえるので玉を増やすことよりも電チュー保留を切らさないことを第一に考えましょう。


という感じですね。
これらの台を打つ機会があれば台選択の要素の一つにでもしてみてください。

噂話おじさんみやじまの未確認情報アワー


先日パチたまでもPVを紹介したんですが、
平和さんから「スーパーストリートファイターⅣ CR EDITION」のリリースが予定されています。

あまりPVの方では詳細なスペックの紹介がなかったんですが、
どうやら噂によると突確+突時搭載で電サポ中の出玉あり大当り=16R確変という
かなり尖ったスペックになっているとのことです。
似たスペックのサミーさんの「CR獣王」や平和さんの「CRルパン三世 world is mine」は
その出玉性能からかなり人気のある機種だったので
今回の「スーパーストリートファイターⅣ CR EDITION」にも期待したいですね。
格ゲー好きのみやじまとしては打たざるを得ない機種なので今から楽しみです。

ところでプロゲーマーのウメハラさんは出るんですかね?もし出るなら見るまで打ちます。

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © パチンコ・パチスロ新台導入日カレンダー|パチたま編集みやじま屋 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。